月東亜紀

ステージコーディネーター

 

 

自己紹介

こんにちはステージコーディネーターの月東です
ページをご覧頂きありがとうございます。

アレサフランクリンやホイットニーヒューストンなど
ゴスペルを基調とした音楽がとても好きです。
ブラックミュージックのシンガーの歌声の謎を知りたくて
単身でNYハーレムに乗り込みゴスペルやソウルの発声を学びました。

圧倒的な違いはまさに「ソウル」魂です
build up your cunfidence!
take off your nervous!!
師匠は終始私に言っていた言葉です
自信を持て
緊張を取り払え!

自信を持った時息遣いが変わり
感情的に歌うことができるのだということを知りました
感動的な出来事でした

NYで培ったソウルフルなボイトレを提供します

 

—————————————————————-

さてこんな私ですが
音楽人生山あり谷ありでした。

中学の頃は吹奏楽部に所属し
熱心な先生の元輝かしい青春時代を過ごしました
クラスの優等生
からアニメオタク
ギャルもヤンキーも
一つの音楽を奏でると
一つになれるという事に感激しました

高校ではロックバンドを組み、
パートごとの役割をそれぞれが精一杯果たす
「チームワーク」に感銘を受けました。

お金をもらって歌を歌うようになったのは
24才の時でした。

今は無き岐阜の「リバーサイドモール」
のイベントステージが私のデビューのステージです。

事務所のオーディションに合格したものの
元いたメンバーとは実力差があり
自信をなくし
歌が歌えなくなってしまいました

メンバーに会うのも怖いし
ステージに立つと足が震えて声が出なくなってしまいました

まさか自分がこんな状態になってしまうだなんて…

それまでの私には思ってもいないことでした。
残念ながらそれをきっかけに
夢だったシンガーとしての活動は
一旦終止符を打つ事を余儀なくされました。

 

いろんな記憶との葛藤の中で
やはり音楽に関わる仕事がしたいと思いました

自分の音楽の原点を振り返りました
中学の頃は吹奏楽部で感じた高揚感を思い出しました。
クラスの優等生からアニメオタク、ギャル、ヤンキーが
一つの音楽を奏でるだけで、
心を通わせることが出来たという思い出が、
私の生き方の柱だったのです。

色鮮やかなビート溢れる人生を!
をテーマにこれからも精進してまいりたいと思います

DanielReche / Pixabay